ブラックにならない方法

ブラックリストは延滞または自己破産といった債務整理を行った場合に載る事がほとんどで、ブラックになってしまう理由や、ブラックリストに載った情報を削除する方法などをご紹介していきます。

ブラックとは

消費者金融業界の中には、ブラックという言葉があります。
言葉のイメージから何となくわかるかもしれませんが、金融業界でいうブラックとは業者が融資すべきでない人間のことをいいます。 ブラックにはいくつかの種類に分類されます。
まずは過去に何回も返済が滞ったり、債務整理をしたりした人のことです。
次に、短期間のうちに一度にまとめて多数の業者に申込みをした人のことで、一般的に申込みブラックといいます。
申込みブラックは注意する事で回避することが可能なのでどうすれば良いのかを覚えておきましょう。

申込みブラックとは

消費者金融で借入れの申込みをすると、業者は融資をしても大丈夫な人物かどうかを確認するために、個人信用情報機関に信用情報を照会します。
これにより借入れ経験があるのか、あるのならどこからどれだけ借入れているのか、現在も借入れしているお金はあるのかなどがチェックでき、審査時に複数の金融業者から借入れをしていることが分かると審査に通る確率は大きく下がります。
この申込みの際、短期間に3社以上に借入れの申込みをすると申込みブラックと呼ばれる状態になってしまいます。
3社以上に申込みをしていると多重債務者になる可能性が高いと見なされ、返済されないリスク(貸し倒れ)を回避するために、業者側がブラックと判断して融資を行わないようにします。

申込みブラックにならない方法

申込みブラックにならないためには、金融業者への申込みを一気に行わず半年は期間を空けて申込みをするようにすることです。
信用情報機関には、契約をしたかどうかに関わらず審査を受けたという記録が残るため、何度も審査を受けようとするとすべてその事実が登録されてしまい筒抜け状態になります。
また要注意人物とみなされて審査に落ちる確率が高くなり、今以上審査に通りにくくなってしまうこともあります。

申込みのタイミングには注意

何回も返済が滞ったり債務整理をしたりしている場合はブラックを回避するのが難しいですが、申込みブラックになることは避けることができます。
信用情報機関に登録された申込み情報は、基本的に6ヶ月経過すればデータが削除されることになっています。
再審査をしたいのならば、最低でも半年は待つようにしましょう。

申込み方法やタイミングひとつで、審査に通りやすくも通りにくくもなるということを覚えておきましょう。

ブラックリストとは

 

借金の返済が滞った場合や破産をしてしまった場合などに、事故や延滞などの情報が金融機関の個人信用情報に登録されることをいい、登録された状態をブラックリストに載ると表現されます。

個人信用情報とは?

債務者の氏名・年齢・性別・生年月日・住所、職業や年収、現在の借入れ金額、過去の返済履歴などの個人情報が掲載されてしまい、金融機関で共有しているものを言います。

キャッシングなどの申込みがあった場合に、その人物が社会的に信用できる人物であるかどうか、つまりブラックでないかを判断するために利用されています。

もしもブラックリストに登録されてしまった場合、キャッシングや新規のクレジットカードが作れなくなってしまい、マイカーローンや住宅ローンなどの利用も一定期間(5年〜10年)利用できなくなってしまいます。

債務整理を行った場合

民事再生・自己破産・任意整理・特定調停・個人再生などの、法的な手続きを行って借金を減額したり、無しにする手段をとった場合にブラックリストに掲載されます。

ここでよく間違った情報が流れていますが、過払い金請求に限っては対象外とされているためブラックになることはありません。

過去には過払い金請求を行なった場合でも信用情報に記載されていました。サービス情報71「契約見直し」という項目が廃止されたことにより、過払い金請求ではブラックにリストに登録されなくなったのです。

携帯の機種代が未払いだった場合

近年、スマホの普及によるスマホブラックと言われる人が増加しています。
スマホ機種の分割払いは、基本料と機種代が一緒になって請求されるため、借金をしている自覚がなく、知らぬ間にブラックなってしまう方が急増しています。
ブラックになるとどうなる?
次に、ブラックリストに載ってしまった場合に、どのような事が起きるのかをご紹介していきます。

キャッシングの審査に落ちる

キャッシングを利用してお金を借りる際、業者に申し込んでもブラックリストに登録されているので返済能力に不安があるとされてしまい審査に通らなくなります。

ほとんどのローンが組めない
住宅ローンや車のローンなどが組めなくなり、高額なものがローンで買えなくなります。
しかし、ブラックリストに載ったからといって、新規の借入ができなくなるだけでそれ以外に影響は全くありません。

また、勤務先に知られたり資格に制限が出るといった影響はありませんので、深く考える必要もないと言えます。特例ではありますが、銀行などの金融機関に勤めている場合は何かしらのデメリットがあると言われています。

ブラックリストをすぐに削除する方法

残念ですがブラックリストに載った情報をすぐに消すことはできません。一度登録された事故情報は、一定期間経過しないと削除する事はできません。

まとめ

 

ブラックリストを削除するより、新たないブラックでも借りれる方法を知ることが大切です。

当サイトでは超ブラックでも借りれる審査が甘い金融を紹介しています。

もちろんブラックリストに載っていても借りられるキャッシングです。

ブラックリストに載ってしまっているからお金を借りられない事は決してありません。

むしろブラック専門で即日融資を行っています。

ここであれば超ブラックでも借りれるので非常に助かります。

ブラックリストに載ってしまっているからといって、審査に不利になることは一切ありません。お金を借りたいのであれば簡単にお申込みでキャッシングしましょう。

タイトルとURLをコピーしました